外壁塗装の工事と天気 について紹介しています

管理人おすすめの「悪徳塗装業者と手抜き工事に騙されないで外壁塗装、屋根塗装の塗装業者を簡単に探す方法」は、こちらで紹介中です⇒【優良な塗装業者を探す方法

外壁塗装の工事と天気

外壁塗装の工事と天気

 

 

 

塗装の工事は、天気によって大きく左右されます。

 

特に、屋根の塗装をする場合には、屋根の上にシートをかぶせて行うことができませんので、天気を見ながら、雨や雪が降らない日に行います。

 

少しの雨でも、仕上がりがキレイにいかないため、できるだけ晴れあるいは雨の降らない曇りの日に行います。

 

現在は、塗料の性能が高いため、短時間で乾燥してしまうので、工事もたいへん楽になりましたが、やはり雨が降ってしまうと塗料がうまくのらず、水玉模様ができてしまい、表面にムラが発生してしまうことになります。

 

外壁の塗装工事の場合は、足場に養生シートを外側からかぶせてしまえば、雨をしのぐことができますので、軽い雨なら工事を行うことはできます。

 

しかし、風を含む横殴りの雨になると、外壁に雨の水滴がつき、仕上がりを悪くしてしまいます。

 

悪天候の場合の工事の有無は、塗装の施工業者に任せれば良いですが、天気が不安定になると工期も延びてしまう可能性はいつでも十分にあります。

 

無理に工期を短くするため、悪天候の中でも工事を強行するような塗装業者の場合は、ムラになってもかまわない、仕上がりが悪くても良いという手抜き工事をしかねませんので、注意しましょう。

 

どうしても天気に左右されず、工期の短さを優先したいという場合には、塗料のグレードを上げるという方法もありますが、塗装工事の費用が非常に高くなります。

 

住宅の塗装工事を行うには、天気が安定する時期を狙って、天気予報を見ながら十分に計画をして臨みましょう。