地震保険について 紹介しています。

管理人おすすめの「悪徳塗装業者と手抜き工事に騙されないで外壁塗装、屋根塗装の塗装業者を簡単に探す方法」は、こちらで紹介中です⇒【優良な塗装業者を探す方法

地震保険について

地震保険は、基本的に火災保険に加入しないと入れない保険になっています。

 

また、地震保険は国と保険会社が共同で運営しているものですので、保険料は会社によって変わるということがありません。

 

東日本大震災以降、住宅に対する地震保険の加入は必須とも言えます。

 

地震保険は火災保険でカバーできない地震による火災被害に遭った時に補償してもらえる保険ですので、必ず加入しておきたいところです。

 

では、地震保険も節約することはできるのでしょうか?

 

まず、既に火災保険に加入している場合には、同じ保険会社の地震保険にセットで加入をして、一括払いをすることです。

 

補償の内容も確認しやすいですし、万が一被害に遭った時も、保険金を受け取りやすくなります。

 

また、住宅に耐震措置をした場合には、保険料の割引を受ける事もできます。割引を受けるには4種類の割引から1つを選択する方法になります。

 

昭和56年6月1日以降に建築した建物が受けられる「建築年割引」、建築基準法の耐震基準が満たされている場合には「耐震診断割引」、品確法の住宅性能表示制度を利用して建てた場合に利用できる「免震建築物割引」「耐震等級割引」があります。

 

これらは、同時に2つの割引を受ける事はできませんので、住宅を建てる時に住宅の建築業者と相談をする必要があります。

 

日本はどの地域に住んでいても地震を受ける可能性はゼロではありませんが、住宅の所在地によっては割引を受けられる場合もあります。

 

住宅を建てる時は、賢く割引を利用しながら、保険に加入して安全を確保しておきたいですね。