外壁塗装の塗料の種類と耐用年数と性質

管理人おすすめの「悪徳塗装業者と手抜き工事に騙されないで外壁塗装、屋根塗装の塗装業者を簡単に探す方法」は、こちらで紹介中です⇒【優良な塗装業者を探す方法

外壁塗装の塗料の種類

外壁塗装の種類とは、塗料の種類として考える事が多く、大きく分けると以下の4種類になります。

 

アクリル樹脂系→ウレタン樹脂系→シリコン樹脂系→フッ素
左から順に塗料の価格が高くなって行きます。

塗料の種類

耐用年数

防汚性

防カビ性

アクリル樹脂系 5年〜7年 × ×
ウレタン樹脂系 7年〜10年
シリコン樹脂系 12年〜15年
フッ素 15年〜20年

 

この4種類の外壁塗装の塗料について簡単に紹介します。

シリコン樹脂塗料

現在、外壁塗装に最も多く使われコストパフォーマンスの高いシリコン樹脂塗料。
シリコン塗料と言っても

「水性1液型」「溶剤1液型」「溶剤2型」と大きく分けて三種類あります。
シリコン塗料は、12年〜15年の耐久性があると言われていますが5年前後で色褪せしてしまったなど聞きますが「水性1液型」ですと、起こり得ることだと思います。

「水性1液型」「溶剤1液型」「溶剤2型」の詳細を説明致します。

 

水性1液型

溶剤1液型に比べると耐久性や密着性は落ちます。
ホームセンターなどで売っている水性塗料と同じレベルの塗料になります。

シリコン塗料の中で低いレベルの塗料になります。

 

溶剤1液型

水性1液型に比べると耐久性や密着性が良いです。
現在主流のコストパフォーマンスの高い塗料になります。

通常、塗装会社にシリコン塗料で塗装を頼むと、この塗料を使用します。

 

溶剤2液型

水性1液型・溶剤1液型と比べると、はるかに高い耐久性や密着性をもっています。
この塗料を使う塗装会社はあまり多くないと思います。

価格以外に使用する時に硬化剤を混ぜる手間がかかる事も大きな理由だと思います。
この塗料を扱う業者の多くは、塗装専門店や自社職人がいる塗装会社になります。

シリコン塗料の中で、一級品の塗料です。

アクリル樹脂塗料

耐久年数:5〜7年
一般的に建売住宅といわれる家の新築時に塗られている塗料です。

価格が安いのでデザインや色などの好みで頻繁に塗り替えを希望する方にはオススメできる塗料になります。
長持ちさせたいと考えている方には耐久性が高くないのでオススメできない塗料になります。

ウレタン樹脂塗料

耐久年数:7〜10年
このウレタン樹脂塗料も価格が手頃な塗料になります。

塗料の耐久性は高くないのですが密着性に優れています。
塗装が剥がれている箇所に塗るなど密着性を生かした塗装にオススメできます。

フッ素塗料

耐久年数15〜20年
塗料の価格は高いですが耐久年数が長いので塗り替えの回数を減らすことが可能です。上手に塗り替え回数を減らせれば外壁塗装に掛かる費用を節約できます。

単純に3回塗り替えをする所を2回の塗り替えで済ませたとして塗装代金は同額としても
足場の費用などを浮かす事ができます。3階建の建物や大きい建物などは足場代金も多く掛かるので、そのような建物には特にオススメの塗料です。

外壁塗装の塗料の種類エントリー一覧