外壁塗装!家の塗り替えの時の塗装は、基本的に3回塗りですが手抜き工事などで2回しか塗らない業者も存在しますので3回塗りを確認して下さい。

管理人おすすめの「悪徳塗装業者と手抜き工事に騙されないで外壁塗装、屋根塗装の塗装業者を簡単に探す方法」は、こちらで紹介中です⇒【優良な塗装業者を探す方法

外壁塗装の3回塗りを確認する方法

外壁塗装、屋根塗装は、下塗り、中塗り、上塗りと3回の塗装をするのですが、この塗装作業の工程を、手抜きで2回しかしない塗装業者は、悪徳業者以外は、居ないと思っています。悪徳業者に引っかからなければ、3回塗りをしないことに対しては、それほど心配しなくても良いと思います。

 

心配しなくても良いと思いますが、外壁塗装での下塗り、中塗り、上塗りと3回の塗装ですが、確認する方法があります。この確認方法は、3回塗りを確認するというより、中塗り後に上塗りをする訳ですが、塗り残しを無くす方法になります。
中塗りと上塗りは、同じ塗料を2回塗ります。

塗料の厚みを増して耐久を上げる為と上塗りで仕上げをする為に2回塗ります。

 

同じ塗料で塗る為ので、外壁の隅や塗り難い箇所など塗り残しが発生する恐れがあります。塗り残しが発生しないように上塗りを塗る方法は簡単です。

 

中塗りと上塗りの色を、少しだけ変えればいいのです。

 

 

上のように、ほんの少しだけ色を変える事で塗り残しが無くなります。
一見あまり変わらないのでどうなの?と思うかも知れませんが、プロの外壁塗装の職人さんは、この微妙な色の違いでもハッキリと違う色と見分けが付きます!

もっと色を大きく変えれば良いのではと思う方もいると思いますが、あまり極端に中塗りと上塗りの色を変えると上塗りの色が希望と違う色になってしまう可能性があるので、このくらい微妙な色の違いで上塗りをします。

外壁塗装の3回塗りを確認する方法エントリー一覧