外壁塗装の金額は安い方を選ぶのか?

管理人おすすめの「悪徳塗装業者と手抜き工事に騙されないで外壁塗装、屋根塗装の塗装業者を簡単に探す方法」は、こちらで紹介中です⇒【優良な塗装業者を探す方法

外壁塗装の金額は安い方が良い?

外壁塗装の金額に関してですが、安い方が良いに決まっています。
ですが、安い金額で手抜き工事されては意味がありません。

訪問営業の悪徳業者も高額な金額で外壁塗装をする業者ばかりではありません。
キャンペーン価格と言い建坪30坪の家の外壁塗装を60万円、80万円と、かなり安くして営業しています。塗装業者が安い金額で外壁塗装をして利益を上げる為にはどうしているか考えてみて下さい。

外壁塗装,値段,安い,高い塗装業者にかかる大きな経費は以下の3つになります。

  • 人件費
  •  
  • 塗料費
  •  
  • 足場費

この中から経費を削減して安くする訳です。

 

外壁塗装の金額が安いから悪いと言う訳ではありませんが、安すぎる時には、それなりの訳があると思います。安さに飛びつかず冷静に判断して外壁塗装をして下さい。
外壁塗装の金額が安い高いでは無く、まず、あなたのご自宅の外壁塗装の適正価格をしっかりと把握する事が大切です。

※安い場合の悪例が以下にありますので参考にしてみて下さい。

足場の費用を安くする

足場費の削減は少し難しいです。
外注に足場を頼む場合には、外注先との交渉になります。

また、足場を自社で持っているから無料サービスなどと言う塗装会社もありますが、足場の購入費、足場の保管場所の費用、足場の運搬費、足場の組み立て費など自社で足場を持っていても結構経費がかかるものです。
しかも、塗装作業は10日や20日もかかる作業になるので足場は10軒分など大変多く持っていなければ仕事になりません。その保管場所も大きな面積を確保する事に成り経費も高くなると思います。

外壁塗装の職人の費用を安くする

外壁塗装,値段,安い,高い外壁塗装の職人の経費を減らす。

  • 人件費を安く上げる為に、まず作業人数を減らします。
  • 作業日数を短くします。
  • 賃金が安い職人を雇います。(技術が無い)

外壁塗装,値段,安い,高い作業日数を短くする上で、手抜きをされる事。

  • 高圧洗浄を1、2時間で終わらせる。
  • 下地補修をしない。
  • 外壁塗装の3回塗りを2回しか塗らない。
  • 塗料が乾いていないのに上から塗る
  • サビ止めを塗らない。

外壁塗装,値段,安い,高い技術が無い職人の作業で危険な事。

  • 塗装のムラがある。
  • 塗料の垂れが出る。
  • 塗り残しが発生する。

外壁塗装の職人の費用を抑える為には、上記のようなことをする悪徳業者がいる可能性がある事を頭に入れておきましょう。

外壁塗装の塗料費を安くする

外壁塗装の塗料の費用を安くする手抜きは結構多いと聞きます。
色々な手口がありますが何点か紹介します。

  • 希釈率を高くする(塗料を薄める)
  • 見積書と違う塗料を使う。
  • 塗装回数を減らす。
  • 自社オリジナルの塗料(安価)なものを使う。

大きく分けると上記のような手口で塗料費を安くします。

外壁塗装の金額が安い方が良い?エントリー一覧